スラウェシチョコレート<プレーン>画家やまぐちめぐみさんの絵の包み紙
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

スラウェシチョコレート<プレーン>画家やまぐちめぐみさんの絵の包み紙

¥1,296 税込

送料についてはこちら

  • ① 青い瞳の猫

  • ② ハーモニカを吹く女

  • ③ 風船を持つ少女

  • ④ no title

  • ⑤ おひさまの日

  • ⑥ no title

  • ⑦ つま先立ちの女

  • ⑧ 小舟の黒猫

★ラッピング期間限定で無料サービス中です★ ご希望の方は備考欄へ 【無料ラッピング希望】とご記入ください。 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ 包紙は「やまぐちめぐみ作品集」の表紙にもなっている「青い瞳の猫-2014-」など8種類からお選びいただけます。 ご注文の際、カートにてご指定ください。 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ インドネシア・スラウェシ島の少し酸味のあるカカオと、同じくスラウェシ島のヤシの樹液を大きな鍋で煮詰めた、樹液100%のお砂糖=パームシュガーを使って、チームむかごのキッチンで、シンプルに、そして丁寧にチョコレートを作りました。 カカオの酸味とミネラルを感じるパームシュガーのコクをバランス良く味わって頂ける一枚となっております。 原材料名・カカオマス、パームシュガー、カカオバター 内容量・55g カカオ率・66% サイズ・7×14cm 賞味期限・2021年8月下旬 保存方法・25℃以下の冷暗所で保管をお願いします。 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・・-・-・-・ 以前は大量に安価で取引されていたインドネシアのカカオですが、風味に影響すると言われる「発酵」の技術を学び質の高いカカオを作ることで、それに見合う適正な価格で取引されるようになりました。 チームむかごではさらに現地で焙煎し、皮を取り除き、メランジングというカカオをすりつぶす工程までをお願いし、それをブロック状に固めたカカオマスをフェアトレードで仕入れています。 「このチョコレートが作られているスラウェシ島に行きました。カカオ農園の人たちにお会いしたり、森の中で樹液を採ってその場で砂糖作りをしている母子を訪ねたり。チョコレートを作っていると、そういう人の顔がいつも思い浮かびます。それぞれが作ることに本当に生真面目で一生懸命。カカオからチョコレートになるまではたくさんの工程があって、機械を使って簡単にすることもできるけれど、良いものにしようとつきつめていくと、どんどん人の”手”の作業になっていく。それがこのチョコレートのおいしさになっているんだと思います。」 枝元なほみ ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・・-・-・-・ 包み紙には、枝元なほみと親交のあった画家・やまぐちめぐみさんの表層の可愛らしさにとどまらない、彼女の内面や物語の深潭に鑑賞者を引き込むような数々の絵の中から数点をお貸しいただきました。 チョコレートを食べ終わってしまった後にも楽しんでもらえるよう、ロゴなども加えず、絵をそのままに使わせていただいております。 こちらもぜひご覧になってみてください。 ○やまぐちまぐみ作品集 http://www.millebooks.net/catalog.html ○やまぐちめぐみ メモリアルサイト 作品ギャラリー http://megumi-meguru.com/#!page3